立川市 自己破産 弁護士 司法書士

お金・借金の相談を立川市に住んでいる人がするならどこがいい?

債務整理の問題

借金の悩み、多重債務の問題。
借金・お金の悩みは、自分一人ではどうしようもない、深刻な問題です。
ですが、司法書士・弁護士などに相談するのも、ちょっと不安な気持ちになってしまうものです。
このサイトでは立川市で借金のことを相談するのに、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
ネットで相談することが可能なので、初めて相談する人でも安心です。
また、立川市にある他の法律事務所・法務事務所もピックアップしているので、それらも参考にどうぞ。

自己破産・借金の相談を立川市の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

立川市の債務や借金返済の悩み相談なら、コチラがおススメ。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いでもOKです。
相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることも可能。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、債務や借金の問題について相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払いや借金の問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に合ったやり方で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から支払を清算できます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないので、おトクに解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

立川市の方が債務整理・借金の相談をするなら、これもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネット上の借金の診断ツール。
カンタンな質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、無料で、匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、立川市在住の人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名&無料で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の立川市周辺にある法務事務所・法律事務所の紹介

他にも立川市には弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●あけぼの綜合法律事務所
東京都立川市曙町1丁目25-12 オリンピック曙町ビル7階
042-512-9737
http://akebono-sogo.jp

●南立川法律事務所
東京都立川市 緑町7-2 サンクタス立川T1
042-525-1101
http://minamitachikawa.com

●弁護士法人泉総合法律事務所 立川支店
東京都立川市柴崎町2丁目1-9 中島ビル3階
042-528-2655
http://springs-law-tokyo01.com

●岡田幸司税理士事務所
東京都立川市高松町2丁目38-6
042-524-0658
http://taxaccountant.ashisuto-co.jp

●フラクタル法律事務所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川10階
042-513-6680
http://fractal-law.com

●財団法人日弁連交通事故相談センター 東京支部 立川相談所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川12階
042-548-7790
http://tokyosibu.jp

●東京三弁護士会多摩支部
東京都立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル 2F
042-548-3800
http://tama-b.com

●立川北法律事務所
東京都立川市 2丁目32-3 立川三和ビル 4F 402号
042-548-7230
http://tachikawakita.jp

●ひめしゃら法律事務所
東京都立川市緑町7-1
042-548-8675
http://himesyara.com

●久江孝二法律事務所
東京都立川市柴崎町2丁目12-6
042-522-0681

立川市にある地元の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

立川市に住んでいて借金返済に弱っている場合

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払い等は、尋常ではなく高利な利子が付きます。
15%〜20%もの金利を払うことになります。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年間)ほど、車のローンの利子も1.2%〜5%(年)くらいなので、その差は火を見るより明らかです。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているような金融業者だと、金利0.29などの高い金利を取っていることもあります。
尋常ではなく高額な利子を払いながらも、借金は増える一方。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ありませんが、額が多くて利子も高利となると、なかなか返済は厳しいでしょう。
どうやって返せばいいか、もはや何も思い付かないなら、法務事務所や法律事務所に相談してみてはどうでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金返済の解決策を考え出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれないですし、過払い金を返してもらって返済金額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決のための第一歩です。

立川市/債務整理のデメリットはどんなものか|自己破産

債務整理にもいろいろな手段があり、任意でやみ金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を通す法的整理の個人再生若しくは自己破産などの類が有ります。
じゃ、これらの手続きについて債務整理デメリットという点があるでしょうか。
これらの3つのやり方に共通して言える債務整理デメリットと言うと、信用情報にそれらの手続きを行った事実が記載されてしまうことです。世に言うブラック・リストというふうな状態になります。
すると、概ね5年〜7年位の間は、カードが創れなかったり借り入れが出来ない状態になったりします。だけど、貴方は支払に日々悩み続けこれ等の手続きをするわけなので、もうちょっとは借入しないほうがよいのではないでしょうか。
クレジットカード依存にはまっている方は、逆に言えば借入れができない状態なることで出来なくなる事で救われると思います。
次に自己破産・個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこの手続をやった事実が記載されてしまうという事が上げられます。しかし、あなたは官報等見た事がありますか。むしろ、「官報とはどんなもの?」という方のほうが多数いるのではないでしょうか。
現に、官報は国が作るする新聞に似たものですけれど、闇金業者等々の僅かな方しか見ません。ですから、「自己破産の事実が周囲の方に広まった」などといった事はまずありません。
最後に、破産独特の債務整理のデメリットですが、1遍自己破産すると七年という長い間、2度と自己破産はできません。そこは注意して、2度と破産しないように心がけましょう。

立川市|個人再生のメリットとデメリットって?/自己破産

個人再生の手続を進める事によって、今、背負ってる借金を減ずる事が可能です。
借金の額が多くなり過ぎると、借金を支払う金銭を用意することが出来なくなるのですけど、減らしてもらう事により完済しやすくなるでしょう。
個人再生では、借金を5分の1に軽くする事ができるから、支払がしやすい状況になるでしょう。
借金を返したいけど、抱えてる借金の総額が大きくなり過ぎた人には、大きなメリットになるでしょう。
そして、個人再生では、家または車などを手放す必要もないという利点が有ります。
財をそのまま守ったまま、借金を払戻が出来るというよい点が有るので、日常生活を替えなくても返済していくことが可能なのです。
但し、個人再生においては借金の支払いをしていけるだけの稼ぎがなくてはならないというデメリットも存在しています。
この仕組みを利用したいと考慮しても、一定の収入がないと手続を行う事は不可能なので、収入のない人にとってハンデになるでしょう。
又、個人再生をやる事で、ブラックリストに入るため、それ以降一定時間の間、クレジットを受けるとか借金を行う事が不可能というデメリットを感じることになります。

関連ページ